第26回:3880系

 今回は異色系列の登場です。1973(昭和48)年のオイルショックによる石油価格高騰のため、名鉄沿線でも通勤手段を自動車から電車に変える人が増加し、朝夕の混雑が激しくなっていました。そこで名鉄が増備したのがこの3880系、元東京急行電鉄の3700系です。
 1948(昭和23)年川崎車輌製と、当時でも車令25年を越えた古い車輌ですが、当時はまだ多数が活躍していた3800系と同じ運輸省規格A形の車輌であったこと、3扉ロングシート車で、通勤通学輸送に適したタイプであったこと等が購入の理由となったようです。1975(昭和50)年にMc-Mc-Tcの3輌編成4本が登場、さらに1980(昭和55)年に3輌編成3本が増備されました。結果的に東急3700系は、20輌全車(Mc車15輌、Tc車5輌)が名鉄入りしたことになります(不足するTc車2輌のうち1輌はMc車を電装解除、もう1輌はクハ3670形を充当)。
 当時の名鉄としては異色の3輌固定編成を組み、他系列とは併結しない独自の運用についていたようです。また、名鉄のAL車(自動進段制御車)は豊橋方にM車が連結されていましたが、3880系のみはM車が新岐阜方についており、その点でも異色の存在でした。普通から特急(*)にまで幅広く使用されてきましたが、1985(昭和60)年までに全車廃車となりました。


(*) 1976(昭和51)年頃は3880系6連による八百津行き特急があり、他にも正月期間(元日〜2月中旬ごろ)に運転される、本線特急接続の豊川線内のみ運転の臨時列車運用が見られたようです。1977(昭和52)年3月のダイヤ改正までは、基本的に特急は全車自由席で、座席指定特急が別に設定されていました
。その後、「特急=全車座席指定・高速=実質的に自由席特急」という時代を経て、1990(平成2)年10月のダイヤ改正で特急に「特別(指定席)車」と「一般(自由席)車」を設けて現在に至っています。

 天地が詰まった下手くそ画像にて失礼します。3880系現役当時の画像は、この一枚しか撮影していませんので…。 神宮前駅。1982(昭和57)年8月9日撮影。 


 廃車後、新川工場(現 新川検車場)に留置されていた3880系。一番手前のTc車は、元東急クハ3670形のク2887で、埋め込み式の前照灯が特徴です。 新川検車場(この画像は検車場の敷地外より撮影したものです)。 1985(昭和60)年10月10日撮影。

3880系の略歴
1975(昭和50)年…東京急行電鉄3700系12輌(デハ3701〜3708、クハ3751〜3754)を譲り受け、モ3880形奇数番-モ3880形偶数番-ク2880形のMc-Mc-Tc編成を4本組成する。ただし、モ3880形偶数番車の運転機能は取り外され、実質的には中間M車。名鉄転入に当たって、塗装変更のほか、前照灯のシールドビーム化、標識灯の変更、名鉄式ATS取り付け、扉締め切り回路新設、保安ブレーキの増設などが実施された。


1980(昭和55)年…残りの東急3700系8輌(デハ3709〜3715、クハ3755)も名鉄入り。Mc-Mc-Tc編成を3本組成する。なお、不足するTc2輌は、モハ3713の電装解除→ク2886、東急クハ3670形3671の譲受→ク2887でまかなう。

1981(昭和56)年…7月、3881F廃車。9月、3887F廃車。

1983(昭和58)年…3月、3883F・3885F廃車。

1985(昭和60)年…3月、3889F・3891F・3993F廃車。形式消滅。

 3880系6連による特急。釣掛モーターの唸りも高く、本線を高速で駆けていく姿は見応えがあったのではないでしょうか。行き先の「八百津」も現在は過去のものとなってしまいました。 名古屋本線ナゴヤ球場前。 1976(昭和51)年8月撮影。

* この画像は、Tc181-65様よりご提供いただきました。ありがとうございます。特急運用についた3880系の画像は大変珍しいと思われます。私も初めて拝見しました。
* Tc181-65様のサイト「八事富士見写真館」 。昭和40年代からの貴重な画像が数多く展示されています。また、ボンネット形特急や、名鉄パノラマカーなどの素晴らしい画像も豊富なサイトです。
(現在休止中です)


名鉄3880系と東急3700系との番号対照表
(* この表は、下記の資料を参考に製作しましたが、一部推測によるものもあります(?印のついているもの)。もし間違いがありましたら、弊掲示板等にてご教示をお願いします。)

東急時代の番号 名鉄移籍後の番号 廃車年月日
デハ3701 モ3881 昭56.7.27
デハ3702 モ3882 昭56.7.27
デハ3703 モ3883 昭58.3.28
デハ3704 モ3884 昭58.3.28
デハ3705 モ3885 昭58.3.28
デハ3706 モ3886 昭58.3.28
デハ3707
モ3887 昭56.9.7
デハ3708 モ3888 昭56.9.7
デハ3709 モ3889? 昭60.3.28
デハ3710 モ3890? 昭60.3.28
デハ3711 モ3891? 昭60.3.28
デハ3712 モ3892? 昭60.3.28
デハ3713 ク2886? 昭60.3.28
デハ3714 モ3893?
昭60.3.28
デハ3715 モ3894? 昭60.3.28
クハ3751 ク2881 昭56.7.27
クハ3752 ク2882 昭58.3.28
クハ3753 ク2883 昭58.3.28
クハ3754 ク2884 昭56.9.7
クハ3755 ク2885 昭60.3.28
クハ3671 ?
ク2887 昭60.3.28

「名鉄いろいろ」目次へ戻る

分館トップページへ戻る


参考文献
このページの作製にあたって、以下の文献を参考にさせていただきました。

『名鉄』 白井昭・白井良和・井上広和共著 保育社(1981年初版発行)
『RAIL FAN』2004年10月号 鉄道友の会
『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅』 徳田耕一著 七賢出版(1995年初版発行)
『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 ver.3DX』 徳田耕一著 七賢出版(2002年初版発行)
『鉄道ピクトリアル』1996年7月臨時増刊号 (特集:名古屋鉄道) 鉄道図書刊行会
『私鉄電車ガイドブック4』 東京工業大学鉄道研究部編 誠文堂新光社