第59回:520形

 早春の根尾川橋梁を渡る520形+510形の黒野行き急行。 揖斐線政田〜下方間。 1985(昭和60)年4月5日撮影。

 美濃電気軌道(名鉄美濃町線・岐阜市内線・名古屋本線名鉄岐阜〜笠松間などの母体となった鉄道)のBD505形として、1923(大正12)年に6輌が製造された木造電車です。正面は当時流行していた丸みを帯びた半流線型の5枚窓を採用しました。また、戸袋窓には楕円形のダイヤガラスを使用していました。(*1) 美濃電は、1930(昭和5)年に名岐鉄道に合併、さらに1935(昭和10)年には名古屋鉄道となります。BD505〜510の6輌は、1941(昭和16)年ごろにモ520形521〜526と改番されたようです。太平洋戦争中に一時瀬戸線で働いたこともあったようですが、基本的には美濃町線を中心に使用されてきました。
 1967(昭和42)年に、名鉄揖斐・谷汲線と岐阜市内線の直通運転を実施するにあたって、この520形と510形に白羽の矢があたり、当時車齢40年を越えた旧型車ながら華やかな舞台に立つことになります。直通急行用として整備が行われ、座席の転換クロスシート化などの改造を受けました。直通運転開始時は、スカーレットと白のツートンカラーに塗装され、揖斐・谷汲線ではモ510+モ520の2連のTc車として、市内線ではそれぞれが単独で続行運転を行うというスタイルをとっていました。これは、1974(昭和49)年以降順次総括制御化され、市内線でも2連で運転するようになります。また、塗装も1975(昭和50)年ごろよりスカーレット一色に変更されました。
 1987(昭和62)年に直通用の新型連接車770形が登場したことによって、翌年までに全車廃車となりました。

(*1) 戦前の写真を見ると、BD505(520)形の戸袋窓が楕円形であることが確認できます。いつごろ通常の矩形に変更されたかはわかりませんが、戦後外側の窓は矩形、車内側の窓は楕円形となっている写真を複数確認しています。筆者が見た限りでは、一番新しいものは昭和39年撮影でした。


 510形と編成を組んで岐阜市内線を走行する520形。 岐阜駅が高架化された現在では想像もつかないのどかな光景です。
 岐阜駅前〜新岐阜駅前間。 1979(昭和54)8月15日撮影。

 520形の運転台。単独運転時の直接制御用(左側)と、510形と併結した時のHL制御用(右側)の2つのコントローラーを持ちます。 1987(昭和62)年4月29日撮影。

520形の略歴
1923(大正12)年…美濃電軌軌道木造ボギー車BD505形として、日本車輌でBD505〜510の6輌を製造。BDとは、「ボギー車で、デッカー社製電気機器を装備」の意。

1930(昭和5)年…美濃電軌は旧名古屋鉄道と合併、名岐鉄道となる。1935(昭和10)年に名岐鉄道は愛知電気鉄道と合併して、名古屋鉄道と改称し、現在に至る。

1941(昭和16)年…形式をモ520形521〜526と改称。

1963(昭和38)年…この年から翌年にかけて車体に鉄板を貼って補強する、ニセスチール車化改造を実施。

1968(昭和43)年…モ522〜526の5輌を鉄道線直通化。集電装置をパンタグラフ化の上、塗装をスカーレットと白に変更。モ525.526は転換クロスシート化。

1969(昭和44)年…直通化改造を行わなかったモ521廃車。522〜526は1970年までにHLマスコンを取り付けて、510形の制御車として併結可能にする。

1971(昭和46)年…モ522〜524も転換クロスシート化。

1972(昭和47)年…車内放送装置取り付け。翌年扉鎖錠装置取り付け。

1974(昭和49)年…12月から市内線におけるモ510形+モ520形の連結運転を開始。翌年9月からは全直通列車で連結運転を実施。

1975(昭和50)年…このころから塗装をスカーレット一色に変更。

1976(昭和51)年…扉の自動化を実施。

1987(昭和62)年…5月、モ524〜526廃車。

1988(昭和63)年…9月、モ522.523廃車。形式消滅。

* 廃車後はモ522が埼玉県川越市のオールドスパゲティファクトリー川越店に保存、モ524〜526は、静岡市の焼肉店で店舗として使用されていたが、いずれも現在は解体されている。

「名鉄いろいろ」目次へ戻る

分館トップページへ戻る


参考文献
このページの作製にあたって、以下の文献を参考にさせていただきました。

『名鉄』 白井昭・白井良和・井上広和共著 保育社(1981年初版発行)
『名鉄』 白井良和・諸河久共著 保育社(1989年初版発行)
『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅』 徳田耕一著 七賢出版(1995年初版発行)
『鉄道ピクトリアル』1996年7月臨時増刊号 (特集:名古屋鉄道) 鉄道図書刊行会
『路面電車と町並み 岐阜・岡崎・豊橋』 日本路面電車同好会名古屋支部編 トンボ出版
『岐阜のチンチン電車』 郷土出版社
『鉄道ジャーナル』1988年4月号、1989年5月号 鉄道ジャーナル社