第60回:6000系

 名鉄では、国鉄や自家用車への対抗策として、昭和30年代以降の本線系新製車輌は基本的にクロスシートを装備していました。自家用車が著しく普及した昭和40年代には、ロングシート車として製造(車体更新)された3800系3700系等の一部もクロスシート化、軌道線区にまで転換クロスシートを取り付けた車輌が登場しました。しかし、1973(昭和48)年のオイルショックを機に電車の乗客が激増し、2扉のクロスシート車による通勤輸送では対応しきれなくなります。そこで、通勤輸送の抜本的な改善をめざして登場したのがこの6000系です。(*1) 名鉄本線系の新造車としては、3550系以来約30年ぶりの3扉車となりました。また、名鉄の高性能車としては初めてMT編成を採用した系列でもあります。(*2) 3扉の通勤車とはいえ、当初は「名鉄=クロスシート」の伝統を守り、車端部以外はシートピッチ750mm(*3)の集団背反式固定クロスシートを配置、パノラマカー同様の大きな固定窓にカーテンを採用していました。
 1985(昭和60)年までに52編成156輌(*4)が製造されました。製造期間が長期にわたったため、製造時期ごとに車体等に細かい違いがみられます。30年以上に渡って名鉄通勤輸送の主力として活躍を続け、4連9本が瀬戸線へ入線しています。また、西尾線、蒲郡線、三河線のワンマン運転に対応するため、4連3本、2連16本がワンマン改造を実施しました。現在は混雑緩和を目的として多くの編成がロングシート化されています。
 1997(平成9)年から特別整備が始まり、車体側面への方向幕設置や内装の更新、ドア開閉チャイム、車椅子スペースの設置等が行われました。1999(平成11)年からは転落防止幌の設置も行われています。なお、この系列は鉄道友の会より昭和52年度ブルーリボン賞を授与される栄に輝いています。
 長年通勤輸送に活躍を続けてきた系列ですが、2011(平成23)年3月の6032Fを皮切りに廃車が始まりました。

(*1)1974(昭和49)年に名鉄で作成された資料によれば、240名が降車するのにかかる所要時間として、3扉両開きセミクロス車で32秒、3扉両開きロングシート車で29秒、2扉片開きクロスシート車で50秒、2扉両開きクロスシート車で45秒とされています。
(*2)厳密にいえば、7500系では1964(昭和39)〜1967(昭和42)年の間に、T車のサ7570形を組み込んだ編成が4本ありました。ただし、こちらはオールMの6連にT車1輌を挟んで7輌化したもので、MTユニットを基本とした編成ではありません。サ7570形は、1967(昭和42)年に電動車化の上、モ7570形に改称されています。
(*3)車体を6500系と同じタイプに変更した6045F以降の編成は、シートピッチが800mmに拡大されています。
(*4)ク6035は1987(昭和62)年の踏切事故で大破し、翌年車体新製の上復帰しているので、車体に関しては157輌製造ともいえます。 

 固定窓に扉窓が小型、方向幕窓も小型で正面貫通扉が枠より引込んでいるのが特徴の1次車。カーテンはパノラマカー同様の横引き式です。塗装は登場時のスカーレット一色のままですが、既にロングシート化が実施されていました。 名古屋本線堀田駅。 1987(昭和62)年6月撮影。

 こちらは扉窓が大型化された4次車。固定窓に大型扉窓の組み合わせをもつ4次車は6015F〜6017Fの3本しかなく、希少な存在です。 神宮前駅。 1998(平成10)年8月30日撮影。 

 こちらは窓が開閉式になり扉窓と方向幕窓も大型化された、5次車以降のタイプです。 名古屋本線神宮前駅。 2006(平成18)年3月25日撮影。 


 9次車以降は車体がフルモデルチェンジされ(6500系1.2次車と同じ)、外観的には全く別の車輌になってしまいました。 名古屋本線新清洲〜丸の内間。 2004(平成16)年7月24日撮影。 

 6000系に授与された、昭和52(1977)年度ブルーリボン賞の盾。 名鉄百貨店本店で行われた、名鉄資料館の資料展示にて。 2006(平成18)年8月15日撮影。

6000系の略歴
1976(昭和51)年…12月から翌年2月にかけて、4連6本(6001〜6006F)を日本車輌で製造。(1次車) 初代5000系以来のオールMからMT方式に転換し、編成はク6000(Tc)-モ6300(M)-サ6100(T)-モ6200(Mc)の2M2Tとなる。側窓は連続固定式、扉窓は上部のみの小型窓となる。正面貫通扉が枠よりも少し引っ込んでいるのが外観上の特徴。車内化粧板は灰色のクリスタル模様。台車はFS398(M車)およびFS098(T車)を採用。冷房装置はRPU-3004。(10500kcl×3)

1977(昭和52)年…10月に4連2本(6007.6008F)を日本車輌で製造。(2次車) 正面方向幕上部の機構を変更、正面貫通扉の引っ込みがなくなり、扉枠とフラットになる。化粧板はクリーム色に変更、座席下部蹴込板はステンレス製となる。この年、鉄道友の会よりブルーリボン賞を授与される。

1978(昭和53)年…11〜12月にTc-Mcの2連6本(6009F〜6014F)を日本車輌で製造。(3次車) 基本的に2次車と同じ。

1979(昭和54)年…7月、4連3本(6015〜6017F)を日本車輌で製造。(4次車)編成の末尾番号をそろえるため、M車とT車の番号は飛番となっている。(この時点では、モ6309〜6314とサ6109〜6114が空番) 扉窓を下方に拡大、正面方向幕の寸法も拡大する。床面高さを40mm低くして、1110mmに変更。

1980(昭和55)年…3月、4連5本(6018〜6022F)と2連5本(6023〜2027F)を日本車輌で製造。(5次車) 第2次オイルショックの影響を受け、省エネ車として仕様を変更する。冷房装置をRPU-3004A(10500kcal×2)に変更して、冷風がラインデリアから直接吹き出す方式とする。熱損失を防ぐために熱交換形換気装置(ロスナイ)も設置する。側窓は開閉が可能なバランサ付きの上昇窓となり、カーテンもロールアップ式に変更する。列車無線車上装置を当初から設置し、自動ブレーキの併設は省略する。

1981(昭和56)年…2〜3月に4連3本(6028〜6030F)と2連2本(6031.6032F)を日本車輌で製造。(6次車) 各部で軽量化が図られ、外観上は窓枠のRが深くなる。

1982(昭和57)年…2月に2連2本(6033.6034F)と4連3本(6035〜6037F)を日本車輌で製造。(7次車) 6次車と基本的に同じ。付番が2連の編成から先になる。

1983(昭和58)年…2月に4連4本(6038〜6041F)と2連3本(6042〜6044F)を日本車輌で製造。(8次車) 7次車と基本的に同じ。付番は再び4連の編成が先になる。

1984(昭和59)年…2月、2連4本(6045〜6048F)を日本車輌で製造。(9次車) 車体や機器類は6500系1次車に準じて変更。正面非貫通となり、扉上部をライトグレーに塗装。冷房装置はRPU-3004AJ(10500kcal×2)、台車はSU形ミンデン式で、FS521B(M車)およびFS098B(T車)。

1985(昭和60)年…1月に2連3本、6月に2連1本(6049〜6052F)をそれぞれ日本車輌で製造。(10次車) 車体は6500系2次車に準じて変更、標識灯はLEDとなる。11月から1987(昭和62)年12月にかけて、1〜8次車の扉上部をライトグレーに塗装する。また、12月から1〜8次車のロングシート化工事を開始。1990(平成2)年までに8次車までは全てロングシート車となる。

1987(昭和62)年…7月、犬山線の踏切事故によりク6035が大破。同車は車体新製の上、翌年3月に復旧。

1993(平成5)年…5次車以降の冷房装置交換開始。8月の6034Fを皮切りに、順次冷房装置をRPU-3061(12500kcal×2)に変更。10月からは、順次扉上部をダークグレーに塗装変更する。

1995(平成7)年…2連8本(6023〜6027F.6031〜6033F)が瀬戸線へ転属。貫通路整備、座席難燃化、M式自動解結装置撤去、列車無線整備、自動案内放送装置の設置など瀬戸線対応工事を行う。冷房装置はRPU-3061に変更、扉はスカーレット一色に戻される。3月に、6048.6049Fをロングシート化、11月に6052Fもロングシート化。

1996(平成8)年…5月、中間車2輌6組(6319-6119〜6321-6121.6339-6139〜6341-6141)を、瀬戸線対応工事実施の上転属させて6023
〜6027.6033Fの中間に組み込んで、4連6本とする。同時に中間車の末尾番号を先頭車に合わせて改番する。8〜9月に6046F(モ6246)でシングルアームパンタグラフのテストを実施。

1997(平成9)年…7月の6003Fを皮切りに、特別整備開始。車体の補修、化粧板交換、車椅子スペース設置、ドアチャイム設置、側面方向幕設置等を行う。12月から翌年5月にかけて、2連5本(6009〜6013F)に西尾線(西尾〜吉良吉田間)・蒲郡線ワンマン運転対応工事を実施。同区間のワンマン運転開始は、1998(平成10)年6月。

1999(平成11)年…6007Fを皮切りに転落防止幌取り付け開始。

2000(平成12)年…5〜6月に中間車2輌2組(6337-6137.6338-6138)と6035Fを瀬戸線対応工事実施の上転属。中間車は、6031.6032Fの中間に組み込み、末尾を先頭車に合わせて改番する。

2001(平成13)年…7月の6018Fから、本線系の3扉車も扉をスカーレット一色に変更。2005(平成17)年までに塗替完了。10月の三河線知立〜猿投間のワンマン運転開始に備え、2000年より4連3本(6001〜6003F)及び2連11本(6020.6021.6034.6037〜6044F)に三河線ワンマン対応工事を実施。

2006(平成18)年…4月に三河線知立〜碧南間でワンマン運転開始。4連3本(6015〜6017F)に三河線ワンマン運転対応工事を実施。

2011(平成23)年…4月、6032F廃車。

2012(平成24)年…2月、6023F廃車。5月、6024F廃車。6月6033F廃車。

2013(平成25)年…2月、6025F廃車。5月、6026F廃車。

2014(平成26)年…1月、6027F廃車。2月、6031F廃車。4月、6035F廃車。

2016(平成28)年…8月、6022F・6018F廃車。

2017(平成29)年…7月、6019F・6051F廃車。

 広見線新可児〜御嵩間の運用に入る、ワンマン運転対応編成。同区間は、2008(平成20)年6月のダイヤ改正から日中はワンマン化されています。 広見線新可児駅。2009(平成21)年8月22日撮影。

 瀬戸線へ転属した6000系。 瀬戸線喜多山駅。 2004(平成16)年11月22日撮影。

瀬戸線への転属にともなう中間車(モ6300形-サ6100形)の改番

6319-6119→6323-6123(6023F中間車)
6320-6120→6324-6124(6024F中間車)
6321-6121→6325-6125(6025F中間車)
6339-6139→6326-6126(6026F中間車)
6340-6140→6327-6127(6027F中間車)
6341-6141→6333-6133(6033F中間車)
6337-6137→6331-6131(6031F中間車)
6338-6138→6332-6132(6032F中間車)

「名鉄いろいろ」目次へ戻る

分館トップページへ戻る


参考文献
このページの作製にあたって、以下の文献を参考にさせていただきました。

『名鉄』 白井昭・白井良和・井上広和共著 保育社(1981年初版発行)
『名鉄』 白井良和・諸河久共著 保育社(1989年初版発行)
『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅』 徳田耕一著 七賢出版(1995年初版発行)
『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅ver.2』 徳田耕一著 七賢出版(1998年初版発行)
『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅ver.3DX』 徳田耕一著 七賢出版(2002年初版発行)
『鉄道ピクトリアル』1996年7月臨時増刊号 (特集:名古屋鉄道) 鉄道図書刊行会

『鉄道ピクトリアル』2006年1月臨時増刊号 (特集:名古屋鉄道) 鉄道図書刊行会