第58回:850系

名古屋本線豊明〜前後間。 1986(昭和61)年1月7日撮影。 

 昭和10年頃の流線型ブームに乗って登場、西部線(旧名岐鉄道線の総称)で使用されました。東部線(旧愛知電気鉄道線の総称)の3400系と対をなす系列です。そのスタイルと当初は正面幕板部に飾り帯があったことから「なまず」という愛称をつけられました。
 性能的には初代800系と同じで、車内もボックス式クロスシートでした。モ850形とク2350形各2輌が製造されました。ただ、850系の誕生については謎とされる部分が多いそうです。当初は初代800系のモ800形に連結する通常型制御車6輌として計画されていたものが、3400系に対抗して流線型の車体に変更されたとする説があり、結局流線型電動車モ850形、流線型制御車ク2350形、そして当初の計画通り(?)通常型制御車としてク2300形が各2輌ずつ合計6輌製造(*1)されています。ク2300形は1942(昭和17)年に電装されてモ830形(初代800系を参照)となりました。また、ク2350形が一時電装されてモ853.854となったといわれていますが、実際にはそのような事実はなかった(*2)ということです。
 戦時中にロングシート化されてしまい、後に幕板部の飾り帯も撤去されてしまいましたが、窓枠のアルミサッシ化などの改造を受けることもなく最後まで原型に近い形状を保っていました。基本的にはモ850-ク2350の同形式2連で運用についていましたが、戦後の一時期モ830形を中間にはさんで3輌編成を組んでいたことがあります。
 1979(昭和54)年に1編成が廃車になりました。鉄道誌等では852F(モ852-ク2352)が廃車、南知多ビーチランドにて保存と報じられてきましたが、モ851.852の車体を比較したところ、先に廃車になったのは851Fで、本来の852Fが851Fに改番の上1988(昭和63)年まで活躍していた可能性が高くなってきました。(*3) 少なくとも公式の場で改番が発表されたことはないと思われますが、その理由まではわかりません。なお、南知多ビーチランドに保存された編成は、老朽化のためすでに解体されています。

(*1)制御車6輌のうち2輌を電動車化するため、モ802.803を制御車化して、モ851.852にまわしたのではないかといわれています。モ802.803は、ク2251.2252と改称されますが、1942(昭和17)年に再電装されて、モ809.810となりました。
(*2)1937(昭和12)年3月発行の名鉄のPR誌に「854」の番号をつけた流線型電車の写真が掲載されており、これがク2350形電装説の証拠としてあげられてきたそうです。ところが、実際にク2350形の電装計画が立てられたのは1940(昭和15)年だそうです。つまり、電装計画の3年も前の冊子にモ854の写真があるという矛盾した結果になっています。結局ク2350形の電装は実現しないままに終わったということですが、なぜ存在しなかったはずの番号をつけた電車の写真が残されているのかという点については、謎のままということです。

850系の略歴
1937(昭和12)年…日本車輌でモ850形とク2350形の各2輌を製造。

1940(昭和15)年…このころ、ク2350形の電装が計画されるが、実現せず。戦時中にロングシート化。

1948(昭和23)年…西部線昇圧により、1500V車となる。

1979(昭和54)年…11月、モ852-ク2352廃車。南知多ビーチランドに食堂として保存されるが、後に解体される。
(補足:この時実際に廃車になったのは851Fで、852Fに改番の上南知多ビーチランドに保存。本来の852Fが851Fに改番されて、現役を続けた可能性が高くなってきました)    

1988(昭和63)年…8月、モ851-2351廃車。形式消滅。

(*3)モ851とモ852の車番交換について

 まず、上の2枚の画像をご覧下さい。1977(昭和52)年に撮影されたモ851.852の前頭部のアップです。これをみると、モ851には連結器向かって右側に小さなステップがついていることがわかります。一方、モ852にはそのステップがありません。
 この画像は、碧電宮様よりご提供いただきました。ありがとうございました。

 碧電宮様のサイト「碧海電子鉄道」愛知県を中心とした名鉄、国鉄(JR)など各路線の画像が豊富なサイトです。また、「特製HM」や「出世した車輌」、「蔵出し国電」等のコーナーも見応えがあります。 

 こちらは1987(昭和62)年6月、筆者が西枇杷島駅で撮影したモ851の前頭部拡大版です。見づらい画像で恐縮ですが、連結器向かって右側のステップがないことは確認できます。このことから昭和62年当時のモ851は、実はモ852を改番したものであった可能性が高いと考えられます。

「名鉄いろいろ」目次へ戻る

分館トップページへ戻る


参考文献
このページの作製にあたって、以下の文献を参考にさせていただきました。

『名鉄』 白井昭・白井良和・井上広和共著 保育社(1981年初版発行)
『名鉄』 白井良和・諸河久共著 保育社(1989年初版発行)
『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅』 徳田耕一著 七賢出版(1995年初版発行)
『鉄道ピクトリアル』1996年7月臨時増刊号 (特集:名古屋鉄道) 鉄道図書刊行会
『鉄道ピクトリアル』2007年8月号 鉄道図書刊行会