第67回:キハ8500系

甚目寺駅での給油を終えて、本線へ向かう回送列車。 津島線甚目寺〜須ヶ口間。 1999(平成11)年10月11日撮影。 

 JR東海では1989(平成元)年から「ひだ」号1往復にキハ85系を投入し、翌1990(平成2)年3月のダイヤ改正で全ての「ひだ」号をキハ85系に置き換えました。これに対抗して1991(平成3)年に登場した、「北アルプス」号用の気動車がキハ8500系です。高山本線内は「ひだ」と併結することを前提に作られ、エンジンはキハ85系同様に英国Cummins(カミンズ)社製のNT855-R1(355PS・JR形式はC-DMF14HZ)を採用しました。また、名鉄初の電気指令式ブレーキを搭載し、増圧ブレーキ、耐雪ブレーキも装備しました。台車も名鉄初のボルスタレス台車(ND719)を使用しています。正面はキハ85形100番台に類似したスタイルを採用しましたが、車体は鋼製で側窓は1000系と似ています。車体長は21,000mmと名鉄最長となり、座席はシートピッチ1,000mmのリクライニングシートを採用、車内はベージュ系でまとめられました。
 快適性を保つために、床は二重構造でエンジン音を遮断し、外気を活性炭フィルターを通して導入することで油煙のにおいも漂わないようにするなどの工夫もなされました。
 運転台付きのキハ8500形4輌(8501〜8504)と中間車キハ8550形1輌(8555)の合計5輌が製造され、需要に応じて3〜5輌編成で運転されました。なお、キハ8500形は、貫通扉の高さと洗面所の有無によって、Mc1'(キハ85系との連結対応、洗面所付の8501.8502)、Mc1(キハ85系との連結非対応、洗面所付の8503)、Mc2(キハ85系との連結非対応、洗面所なしの8504)の3タイプに分かれています。
 1991(平成3)年3月のダイヤ改正で「北アルプス」用としてデビューし、多客時には「ひだ」との併結運転も行われました。 また、「北アルプス」の運用に入る前後の間合い運用として、名鉄線内の特急として運転されたこともあります。余談ながら、「北アルプス」用の給油施設は津島線甚目寺駅構内に設置されたため、毎朝津島線を走る回送列車が見られました。
 10年間にわたって名鉄沿線と飛騨路を結ぶ特急として活躍してきました。しかし、「北アルプス」自体の利用者数の減少に加えて、東海北陸自動車道延長によって名鉄も名古屋〜高山間に高速バスを運行するようになったこと、1往復の列車のために気動車用の設備や乗務員を用意する不便さなどの理由によって、2001(平成13)年9月30日の運転を最後に廃止されました。
 登場から10年しか経っていないキハ8500系の去就が注目されましたが、全車会津鉄道へ譲渡されました。

 キハ85系「ひだ」と併結して高山本線内を走る。
 高山本線下油井〜飛騨金山間。 1995(平成7)年8月1日撮影。

 「北アルプス」のさよなら運転。ご覧のようなヘッドマークが用意されました。 犬山線枇杷島分岐点〜下小田井間。 2001(平成13)年9月30日撮影。

キハ8500系の略歴
1991(平成3)年…日本車輌で先頭車キハ8500形4輌と中間車キハ8550形1輌を製造。同年3月のダイヤ改正から、特急「北アルプス」に充当。5月からは、間合い運用で朝の東岡崎→金山間、夕方の神宮前→犬山間各1本の全車特別車(指定席)特急を運転。後に朝の新名古屋(現 名鉄名古屋)→東岡崎間を追加し、金山止まりを新名古屋まで延長。

1992(平成4)年…11月、間合い運用特急を、朝夕とも新名古屋〜東岡崎間各1往復に変更。夕方の東岡崎行きは、新名古屋着の「北アルプス」をそのまま延長する形で運転。

1993(平成5)年…8月、間合い運用を廃止。キハ8500系の運用は「北アルプス」のみになる。

1996(平成8)年…4月、間合い運用復活。朝に新岐阜(現 名鉄岐阜)→常滑間、常滑→金山間の各1本を運転。

1999(平成11)年…11月、「北アルプス」停車駅に江南、犬山遊園を追加。

2001(平成13)年…9月30日限りで「北アルプス」廃止。全車会津鉄道へ譲渡されることになり、12月22日に新川検車場から発送。
(*1)

 (*1)会津鉄道会津鉄道譲渡後、唯一の中間車だったキハ8555は2007(平成19)年に廃車。会津鉄道における運転は2010(平成22)年に終了し、キハ8501と8504は那珂川清流鉄道保存会で保存されています。8502と8503は「やすらぎの郷 会津村」における静態保存を経て、インドネシアのサバ州立鉄道に譲渡、現役に復帰しました。


 デキ600形に前後をガードされて、会津鉄道への旅立ちを待つキハ8500系。このあと名古屋臨海鉄道・JR線経由で、会津鉄道会津田島まで甲種輸送されました。 須ヶ口駅。 2001(平成13)年12月22日撮影。

「名鉄いろいろ」目次へ戻る

分館トップページへ戻る


参考文献
このページの作製にあたって、以下の文献を参考にさせていただきました。

『まるごと名鉄ぶらり沿線の旅ver.3DX』 徳田耕一著 七賢出版(2002年初版発行)
『鉄道ピクトリアル」』1996年7月臨時増刊号 (特集:名古屋鉄道) 鉄道図書刊行会
『鉄道ダイヤ情報』1991年4月号 弘済出版社