◆医療・医学に関する用語集◆

大動脈内バルーンパンピング法(IABP)

当サイトでは、医療・医学に関する用語を、50音別に解かりやすく説明しております。現代のストレス社会
において、成人病やさまざまな病気に対して、悩んでいる人も多いことと思います。このサイトで、
医療・医学に関する知識を少しでも得て、お役に立ててください。

大動脈内バルーンパンピング法(IABP)について

スポンサードリンク
医療・医学に関する用語集>大動脈内バルーンパンピング法(IABP)

menu

/ /
/ / / /


リンク集

プロフィール

相互リンクについて





大動脈内バルーンパンピング法(IABP)
心臓の左心室が機能不全に陥ったとき、それを補助する機械的補助循環法の1つで、
急性心筋梗塞後の左心不全に有効です。バルーンは抗血栓性材料でつくられており、
大人用は30~40ミリリットルの容量をもっています。挿入方法としては、
大腿動脈を切開する方法と、最近では穿刺により経皮的に挿入する方法が普及しています。
スポンサードリンク・・・・・・・・・・・・・・.
Copyright (C) 医療・医学に関する用語集 All Rights Reserved
Ads by TOK2