ホームページ タイトル



熊工電気会会則

 

第1条      名称及び事務局

本会は「熊工電気会」と称し事務局を熊本県立熊本工業高等学校内に置く。

 

第2条      目 的

本会は会員相互間の親睦を深めると共に品性の向上を図り母校及び社会の発展に寄与することを目的とする。

 

第3条      会 員

本会の会員は熊工会会員で電気科卒業生とする。

中途退学者、転学者については、人格、見識共に優れた者で役員会の承認を得た者とする。

 

第4条      役 員

役 職

定 数

会 務

会 長

1名

本会を代表し総ての会務を統括する。

副会長

2名

会長を補佐し会務を代行する。

代表幹事

若干名

事業計画、予算立案、事業結果報告を行う。

事務局長

1名

議事収録、保管、通信連絡等の総括を行う。

事務局次長

2名

事務局長を補佐し事務局会務を代行する。

会 計

2名

予算、決算、収支報告、会計事務を司る。

会計監査

2名

会計監査、報告を行う。

 

第5条      任 期

役員の任期は2年とする。但し再選を妨げない。

補充された役員は前任者の残存期間とする。

 

第6条      役員の選任

会長人事は本会員の有識者及び役員経験者で構成される「人事検討委員会」で選任する。副会長以下の役員は会長が選任する。なお役員人事については総会で最終承認を得るものとする。

 

第7条      名誉職

名誉役職

定 数

会 務

名誉会長

1名

本会の諮問機関として会長が委嘱する。任期は特に定めない。総会で人事の報告のみ行う。

会長人事の検討委員会、総会の議長、副議長を担当する場合もある。

名誉副会長

若干名

名誉相談役

若干名

名誉顧問

若干名

 

第8条      クラス幹事

本会に卒業年度、クラス別に「クラス幹事」を置くことができる。

登録制として期間は特に設けない。

 

第9条      総会、役員会、クラス幹事会

毎年1回年次総会を開催する。役員会、クラス幹事会は必要に応じて会長が召集する。総会では人事、会則改訂、事業計画、会計報告、その他特に総会で決議承認を必要とする事項について提案、報告を行う。決議は出席者の多数決を原則とする。

第10条   会 費

本会会員の年会費及び寄付金をもって運営する。

 

第11条   会計年度

毎年41日から翌年331日とする。

 

 

 

                付 則

     事務局については状況により会長指定の所在地へ変更することができる。

     福岡電気会、関西電気会、並びに今後新規に設立される同系列の団体については連携、協力する。

     本会の役員は「熊工会代議員」を兼務する。