HOME


技法

電動工具を使い木材を加工する。
ホゾやジョインをつくり、組立式にしている。
木材を古色仕上げにする。

型紙を利用して漆や絵具や塗料を
コンプレッサーで吹き付ける。
吹き付ける道具は自作した物を使っていて
わざと吹きムラをだしている。
ここ数年陶芸を始めて凝りだしてしまって
その中にロウ抜き技法というのがあり
それを応用した技術で平面作品をつくっている。
その他漆の古び粉を使った
金属の錆や腐食したような表現や
デザインワークに使用する道具などを多様している。

プラン

私は学生時代に図面を引いていた経験があり
大和絵を日本画としてよりも
図面技法として意識するようになった。
油絵やデザインワークの表現を借りて表現したり
エスキースの段階ではまるで図面のようなので
空間展示のプランを考える時の相性も良い。
制作の過程にはコンピュータの
画像ソフトなどもよく利用している。


HOME