MY WORKS HOME


2010 「第1回 コヅカ・アートフェスティバル」アートガーデン・コヅカ/千葉県鴨川市


題名:遡及空間「立-隆房卿yama09」素材:木材、塗料、他 2009(再展示2010)

コヅカ・アートフェスティバルは、「人と自然をアートでつなぐ」をキーワードに、房総半島鴨川市金束の7000坪の森「 アートガーデン・コヅカ」を中心とした野外展示、室内展示・ライブ・ワークショップ、さらに近隣のアーティストのオープンアトリエも含んだ、里山にゆるやかに広がるネットワーク型のアートイベントです。(コヅカ・アートフェスティバルDMより抜粋)

2009年山梨県立美術館に出品した御柱作品を再展示しました。


2010 第9回半島の現代美術 安房ビエンナーレ2010」南総文化ホール/千葉県館山市

題名:遡及空間「立-隆房卿awa10」素材:木材、塗料、漁師小屋廃材、他 2010 

安房ビエンナーレでは、地元の漁師小屋の廃材をつかい作品をつくりました。地元の物を積極的に活用するというのは、ぼくの最近の課題であり、今までの自身の作品スタイルを打破ろうとする試みの一つです。


2010 南総文化ホールでインスタレーション 南総文化ホール/千葉県館山市


題名:遡及空間「立-隆房卿yama09」素材:木材、塗料、他 2009(再展示2010)

館山市にある当施設は、1200席の大ホール、300席の小ホール、大会議室、小会議室、ギャラリー等を備えた、地方都市としてはかなり立派な文化施設です。今回、施設で使われる事のない空間を有効利用したいということで、館長との話し合いで、ぼくは、四方を巨大窓ガラスに囲まれた白いタイル張りのパティオ(中庭空間)に、御柱作品の出展することになり、その後2ケ月程設置されました。


2010  「自然と共生するアート」展 キャンピカ明野ふれあいの里/山梨県北杜市

題名:遡及空間「立-yama10」素材:木材、塗料、樹木、他 2010

エコアートネットワーク山梨の北杜プロジェクトで、八ヶ岳南麓にあるキャンプ場の松林を利用して野外企画展をしました。現地の環境を利用したインスタレーションを計画しました。


2010 「Circulation展」山梨県立美術館

題名:遡及空間「立-yama10」素材:木材、塗料、樹木、他 2010(再展示2010)

山梨現立美術館で開かれる、環境問題をアートの面から考える事を目的にした展覧会が今年も開かれます。今回は美術館の野外に作品設置します。木材架構と樹木のパーツを組み上げて、地面に杭を打ち込み、近隣の樹木と作品を一体化させました。


2011 「第2回 コヅカ・アートフェスティバル」アートガーデン・コヅカ/千葉県鴨川市


題名:遡及空間「立-koduka11」素材:木材、塗料、他 2011

コヅカ・アートフェスティバルは、「人と自然をアートでつなぐ」をキーワードに、房総半島鴨川市金束の7000坪の森「 アートガーデン・コヅカ」を中心とした野外展示、室内展示・ライブ・ワークショップ、さらに近隣のアーティストのオープンアトリエも含んだ、里山にゆるやかに広がるネットワーク型のアートイベントです。(コヅカ・アートフェスティバルDMより抜粋)

今年も参加しました。


2012 「第3回 コヅカ・アートフェスティバル」アートガーデン・コヅカ/千葉県鴨川市


題名:遡及空間「立-koduka12」素材:木材、塗料、他 2012

現代の人々が都市生活で失ってしまった大切なもの「sense of wonder」をとりもどすための場として、宮下昌也氏&デザインショップまちや、そしてこの活動に賛同してくれる仲間と共に整備を進めていく約7,000 坪の森。テーマは 「アートを通してつながる人と自然」。森の中には野生の鹿やサル、うさぎ、リス、フクロウなど様々な生物が生息しており、そんな動物たちとの偶然の出会いに息をのむこともしばしば。人と自然をつなぐ様々なワークショップやイベントを開催しています。(コヅカ・アートフェスティバルDMより抜粋)

今年も参加します。


MY WORKS

HOME