MY WORKS HOME


2006 『CowParade 東京 in 丸の内 2006』

カウパレード
カウパレードとは、世界中で開催されているアートプロジェクト「CowParade」 のことで、1998年の夏、スイスのチューリッヒにおいて、地元アーティストがグラスファイバー製の牛(実物大)400頭にペイントを施し、街中に展示するイベントが行われました。この牛のオブジェにはスポンサーや寄付金が集まり、イベント終了時には800頭に増える大反響を得ました。 そのとき、たまたま出張で来ていたシカゴの小売店協会の会長がこの企画に魅せられ、1999年の夏にはシカゴでの「CowParade」が実現、シカゴ市全体で5億ドル近くのお金が動き経済活動活性化に貢献しました。 そして2000年ニューヨーク市、市公園局の許可の元、約500頭のカラフルな牛たちが五番街、グランド・セントラル駅構内、ミッドタウンのオフィス街からVillage、Sohoにいたるニューヨーク全域に展示されるイベントが行われました。 ペインティングには、著名アーティスト、一般市民、子供たちが参加し、それぞれユニークで鮮やかな牛たちを作り上げています。またイベント終了時には、オークション・ハウスで牛たちがオークションにかけられ、その売り上げは芸術、教育福祉団体に寄付されました。 CowParadeは世界各国で注目され、2006年もアメリカ、イギリスをはじめ、6カ国、8都市で開催される予定です。日本では9月から約一ケ月間丸の内、大手町、有楽町地区で64頭が出現しました。

遡及空間「隆房卿cow06R」 重さ約50キロ、高さ約130センチ、長さ約170センチ
素材:グラスファイバー製の牛、うるし、塗料、アクリル絵具、油絵具、他 2006
遡及空間「隆房卿cow06R」 重さ約50キロ、高さ約130センチ、長さ約170センチ
素材:グラスファイバー製の牛、うるし、塗料、アクリル絵具、油絵具、他 2006

( CowParade Holdings Corporation.)

カウパレードとは、世界中で開催されているアートプロジェクト「CowParade」 のことで、1998年の夏、スイスのチューリッヒにおいて、地元アーティストがグラスファイバー製の牛(実物大)400頭にペイントを施し、街中に展示するイベントが行われました。この牛のオブジェにはスポンサーや寄付金が集まり、イベント終了時には800頭に増える大反響を得ました。 そのとき、たまたま出張で来ていたシカゴの小売店協会の会長がこの企画に魅せられ、1999年の夏にはシカゴでの「CowParade」が実現、シカゴ市全体で5億ドル近くのお金が動き経済活動活性化に貢献しました。 そして2000年ニューヨーク市、市公園局の許可の元、約500頭のカラフルな牛たちが五番街、グランド・セントラル駅構内、ミッドタウンのオフィス街からVillage、Sohoにいたるニューヨーク全域に展示されるイベントが行われました。 ペインティングには、著名アーティスト、一般市民、子供たちが参加し、それぞれユニークで鮮やかな牛たちを作り上げています。またイベント終了時には、オークション・ハウスで牛たちがオークションにかけられ、その売り上げは芸術、教育福祉団体に寄付されました。 CowParadeは世界各国で注目され、2006年もアメリカ、イギリスをはじめ、6カ国、8都市で開催される予定です。日本では9月から約一ケ月間丸の内、大手町、有楽町地区で64頭が出現しました。

ぼくは8月12日〜22日の期間は青海の作業アトリエ(倉庫街)に滞在して制作をしました。その期間は制作費が貰えて、広い空間で幾人のアーティストとの交流がありました。まるで美術大学在学中の楽しい一時のようでした。制作も終わり、9月から約1ケ月間の野外展示が始まりました。

(旧カウパレード期間中作品設置場所  丸の内仲通りビル前)
※カウパレードは終了しましたが、現在でもここで見る事ができます。
作品設置場所 新生銀行・八王子フィナンシャルセンター店鋪前MAP 
●北海道新聞2006/09/07号 作品写真が掲載されました。 北海道新聞HP
●作品が建築雑誌Casa BRUTUSの編集長・吉家千絵子審査員賞に選ばれました。 詳細

カウパレードの記録 2006/8/12〜10/1

8月中旬頃、丸の内、大手町、有楽町地区で9月6日から開催されるパブリックアート展「カウパレード東京 in 丸の内2006」に向けて、青海の倉庫街では大勢のアーティスト達が牛の体に加工やペイントを施していた。


「CowParade」作品プラン


MY WORKS

HOME