MY WORKS HOME


2007 『DEBLI project vol.1 DEBLI ARTLAB+』 

愛知万博の日本館で展示されていた、美術家の西本剛己の『螺旋』という作品の主人公である陶器の動物たちは「国際万博の展示物」上、売買ができず、譲渡するかもう壊すしかない。それをRECYCLE して新しい作品をつくるプロジェクト。『スペース・デブリ』は人類が作り出した科学の最先端の物であるロケットや人工衛星が「ゴミ」と化し、いま人類の首を絞めている。『宇宙』から私達が暮らす『地球』に目を向けてみると・・地球上でも、人類が自分達の為に、その時良かれと何かを選択し、突き進んできた結果、『戦争』『差別』『貧困』という、いまも新しい『デブリ』が生み出されている。そこで再利用を超えた、再創造をまず第一に掲げ、ポジティブな意味での『新しいデブリ』を生み出したい。美術家たちによる作品のRECYCLE・コラボレーション 。ルデコ・ビルの1F ,2F ,3F,4Fで同時開催。3F,4Fをメインプロジェクト「Animals 」の展示。2F をDEBLI セレクト・アーチスト作品の展示、1F はコミニュケーション・スペースとしてカフェ営業。
(DEBLI project Vol.1より抜粋 プロデュース big shoes 監修 西本剛己ARTLAB+)


像:遡及空間「男衾三郎elephant-07R」  ラクダ:遡及空間「男衾三郎camel-07R」
ライオン:遡及空間「男衾三郎lion-07G」 カンガルー:遡及空間「男衾三郎kangaroo-07G」
素材:陶器、うるし、塗料、アクリル絵具、油絵具、他 制作年:2007

MY WORKS

HOME