2002日本フラワー&ガーデンショウ
*** 王室・皇室にちなんで名ずけられたバラです。(京成バラ園提供) ***
3月23日(土)東京国際展示場


ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ
(Diana,Princess of Wales)
米:J&P:1999年
故英国ダイアナ元皇太子妃に捧げられたバラ。
ダイアナ妃の暖かい人柄、気品あふれる美貌が
見事に表現された美しいバラです。
エンプレス ミチコ
皇后となられた美智子様に英ディクソン社から
捧げられたバラ。穏やかな威厳に満ちた
皇后様にふさわしい雰囲気のバラです。

ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ
(Jubile du Prince de Monaco)
仏:メイアン:2000年
故グレース王妃の夫君であるモナコ公国元首
レニエ三世大公の即位50周年記念に捧げられ
ました。白から鮮紅色に変化する大変華やかな
花色で、赤と白はモナコ公国の国旗の色です。
ケニギン ベアトリックス
(konigin Beatrix)
独:コルデス:1983年
オランダのベアトリックス現女王に捧げられたバラ。
国民に敬愛され、王室をしっかり維持しつづける
女王にふさわしく、芳香も素晴らしい品種です。

クレオパトラ キャロリーヌ ドゥ モナコ
(Caroline de Monaco)
仏:メイアン:1989年
常に華やかな話題をふりまくキャロリーヌ王女が
選んだのは清楚なバニラ色のバラでした。

プリンセス ドゥ モナコ
(Princess de Monaco)
仏:メイアン:1981年
ハリウッドスターからモナコ公国王妃への転身は
シンデレラストーリーそのもので、その名声と
美しさはモナコの発展に大きく貢献した。
プリンセス ミチコ
(Princess Mchiko)
英国:ディクソン:1966年
皇太子妃時代の美智子妃殿下に捧げられたバラ。
若き妃殿下の美しさが、オレンジ色のゆるやかな
花弁に軽やかに表現された魅力的な品種です。

クイーン エリザベス
(Queen Elizabeth)
米:ラマーツ:1954年
現英国王室を担うエリザベス女王に捧げられたバラ。
手間の全くいらないほどの強健種で樹高が高くなる。
クイーン マザー
(Queen Mother)
独:コルデス:1998年
英国エリザベス女王の母君であるエリザベス皇太后
に捧げられたバラ。現在102歳で健在の皇太后と
同じく、このバラは英国でも愛されイングリッシュ
ガーデンを飾っています。
(エリザベス皇太后は、30日に亡くなられました。
このガーデンショーを見に行くまではエリザベス
女王の母君がご健在であることも知らなかった
んですが知ったとたんにこのニュースでびっくり
しています。)

ロイヤル ハイネス
(Royal Highness)
米:スイム&ウィークス:1962年
上品な色に加えとても美しい花形の品種です。
「殿下」という意味の花名。
ロイヤル プリンセス
(Royal Princess)
敬宮愛子内親王様の御誕生を祝して命名された
大輪の白バラ。日本中が待ち望んだ皇室のプリンセス
にふさわしい清らかさと気品をイメージし、ふくいくたる
香りも素晴らしい品種です。
今回初めての一般公開だそうです。

ロイヤル ウイリアム
(Royal William)
故英国ダイアナ妃の愛息ウィリアム王子に
捧げられたバラ。

[ホームへ]     [Gallery へ]