比良堂満岳’10.2.7 曇のち晴

JR比良駅-イン谷口-正面谷-金糞峠-東レ新道-堂満岳-堂満東稜道-ノタノホリ-別荘地-JR比良駅

 比良山系もようやく本格的な雪のようだ。さぁ登ろう!と出かけました。楽しみにしていた正面谷よりわずかに右へ踏み込んだウエ谷に落ちる隠れ滝へ3年ぶりに対面もできました。

 今日のコース取りはJR比良駅を出発点とする周遊コースで比較的楽な道ですからのんびり写真撮りながらゆったり雪道を楽しみたいと思ってスタートしました。。

ウエ谷にかかる「隠れ滝」 落差18m 水は細い

 今回はゆっくり家を出たため多くの登山者の道で楽な歩きができました。出会った方によると今日の堂満は80人は踏んでるだろうとのことでした。
 普段は平日の歩きを好むのですが、特に雪山はやはり土日の入山が何かにつけて楽ですね〜笑

向う湖西線車中より比良山系が美しい権現、ホッケ、蓬莱、打見山ずらり
下山後に振り返る堂満岳だがいつ見てもミラミダルな容姿が素敵だ!

 JR比良駅(9:05)を歩き出す頃は薄っすらと小雪が舞っていました。目指す堂満もはっきりしません。でもお昼ころからは晴れるでしょうとの予報だから楽しみです。
 足元には久しぶりの雪が最初からあり、今日の登山への期待にワクワクしながら比良川右岸を詰めてイン谷に向います。

東稜の奥にちらっと堂満が待っています。 イン谷口(9:48)それなりの積雪で・・
大山口(10:18)アイゼンつけここを左へ青ガレへ 隠れ滝(10:45)登山道より今日は一番乗りだ・・
青ガレ(11:05)ここで休憩しよう。右のような岩のガレている場所だが、雪のこの時期は楽に通過
最後の水場(11:24)崩落の谷筋、夏は涸れる。 もう金糞峠直下、そんなに雪は多くないなぁ・・
金糞峠(11:50)一本立てるも風が寒い! 縦走路分岐(12:10)足元は多くの踏み後でラッキー
釈迦岳の右奥に左伊吹、右霊仙山が見える。 レスキューポイント5から振り返るとコヤマノ岳
東レ新道から見る荒々しい岩肌の北壁は比良山系随一ともいえるアルペン風な圧巻の絶景眺望
稜線にはかわいい雪庇も出来ている。 多くのシャクナゲも寒さに震えている。
堂満岳1057m(12:45)着 標識も頭だけ掘り出し踏まれそう・・北北東に霊仙山、右に御池岳など
しっかりのんびり昼食(13:45)までで大満腹だ 5分も下ればおもしろい顔のブナが立ってる〜
ノタノホリ道標(14:43)これを左折すぐに南北に200mの細長いノタノホリの池であるがいつも静かだ・・
荒れた別荘地(15:07)に下山してきました。 無事に歩けた余韻を胸に堂満、釈迦を見収め

 JR比良駅には15:40着で6時間35分の極めてのんびり歩きでした。なにせ写真を100枚も撮りながらでしたから・・、本音はもう少し雪が足りなかったかなぁ〜です。それより今後も今回の寒波よりさらに大きな寒波を期待したいのですが、まだ雪はきてくれるのでしょうか?

 でも今日のお目当て正面谷横のウエ谷に落ちる「隠れ滝」に対面できたのでよし!としょう〜〜

ホームヘ


金勝アルプス

十二ケ岳

ポンポン山