西山 ポンポン山 ’10.2.28 曇

立石橋-釈迦岳-ポンポン山-リョウブの丘-フクジュソウ地-かまケ谷-東尾根金蔵寺岐-釈迦岳-第一ベンチ-西山キャンプ場-立石橋

 春です!。花の谷筋を持つポンポン山はいよいよこれから多くの登山者が登られることでしょう。その春の妖精のお花を見ようとまずはフクジュソウとヤマシロネコノメソウを目当てに登ってみました。しかし生憎の曇り空が続き思わぬ寒さでお花は開いてくれませんでした。

 また「かまケ谷」から大原野森林公園の案内所を経由して東尾根を周回予定でしたが、谷は昨夜からの雨で増水激しく渡渉も大変な状態となっており、あえなくケヤキの森から金蔵寺分岐に登り、東尾根を短縮しての歩きとなってしまいました。

 残念ながらわずかな花巡り山行でしたが、やはり今年は雪多くお花の開花は遅れているような気がしましたが・・。 

フクジュソウはわずかに開きかけてはいましたが・・ このように盗掘にあった掘り跡が標示されて・・
沢筋を好むヤマシロネコノメソウは咲き初めでまだまだこれから次第に沢山咲くことでしょう〜〜

 

ナガバタチツボスミレ=根生葉は円心形で茎葉は細長く三角上楕円形となる。托葉は粗く裂け距長い
アオイスミレ=他のスミレに先駆けて咲きもう終盤、葉がウマノスズクサ科のフタバアオイの葉に似ている。
イヌガシ(クスノキ科)似た花は他にない マンサク(マンサク科)高く離れて写しづらい・・
釈迦岳631.4m3等三角点 ポンポン山678.9m3等三角点
ケヤキの森の向かいの斜面にキイロスズメバチの巣に要注意の張り紙あり、右はアップ、木はテイカカズラ?
リョウブの丘で遅い昼食だったが寒かった〜! 釈迦岳下の先にあるイヌブナの森はまだ葉が・

 ホームヘ














ポンポン山20km大縦走