室生 住塚山から国見山’10.3.18 曇

名張=長野-屏風岩公苑-登山口-住塚山-国見山-松山-クマタワ-南松ノ滝-宇野川橋-室生寺前=室生口大野

 国指定の天然記念物である柱状節理の岩肌がそそり立つ屏風岩が目立ち、その麓には屏風岩公苑という桜の季節には賑わうであろう室生の1000m峰の住塚山に登ってきました。

 そして住塚の北に高さを競い合うように頭を見せる国見山へアップダウンをこなし、クマタワに下った後は東海自然歩道としては荒れた道を西の室生寺へとりました。

 このコースはややもすれば住塚山と国見山だけの山頂と思いがちですが、もう一つ松ノ山(940m)もそこそこのアップダウンがあります。それぞれ中々の急登を持っています。特に二番目の国見山への登りはわずかな岩混じりの道となります。
 でも住塚、国見山からの眺望は大展望がききますから辛い登りのことはすぐに忘れてしまいます。ただし松ノ山のみ展望はありません。

寺脇集落から屏風岩を見上げる。45分で着く 屏風岩公苑から柱状節理の岩肌を見る。wcあり
屏風岩公苑の桜の中にダンコウバイ満開 住塚山登山口からなかなかの急登だ。
住塚山1009.4m 2等三角点 展望抜群 倶留尊山に古後山、その奥は学能堂山
左から国見山、兜鎧岳、奥に倶留尊山、大洞山 奥右から三峰山、修験業山に栗ノ木、局ケ岳もチラ
国見山1016m 真正面南に高見山だが雲が・ 正面奥に高見、右奥台形状は山上ケ岳か
国見から松ノ山のピークを踏み下るとクマタワwc 東海自然歩道最初は布引ノ滝、杉が邪魔だ!
二番目は熊ケ滝、登山道真下離れて見えにくい 三番目がいい、南松ノ滝、道からそばまで200m
谷沿いにフサザクラ(フサザクラ科)が咲きかけ クマタワからここまでで特に最初の部分が道は
相当荒れていたが次第によくなり布引ノ滝あたり
からは歩きに支障はなくなった。この橋から林道
15時頃より雨が振り出す。龍穴神社は室生寺
より古い、どおりで雨ごいの神とのこと
きれいなwcあり
室生寺前バス停、屋根下で雨宿り墨絵の雰囲気

 近鉄名張駅10:05=長野10.52-屏風岩公苑11:35/40-登山口11:47-住塚山12:12/35(昼食)-国見山12:59/13:12-松ノ山13:28/30-クマタワ13:37/45-林道14:30-落合橋14:39-宇野川橋14:55-龍穴神社15:14/16-室生寺前バス停15:35/16:16=近鉄室生口大野駅16:29

 なお、上記の時間は帰りのバス最終時間に間に合わすため相当なスピードで歩いたために、実際の山歩きではこの時間を参考にしない方が安全です。ご了承ください。

 ホームヘ