六甲油コブシ'11.2.4 晴

阪急六甲=六甲ケーブル下-鉄塔登山口-芝生広場-油コブシ-寒天山道-鉄塔分岐-青山散策路-変電所-阪急六甲

 2月最初の新ハイキングの村田リーダー山行で20名の参加でした。1月からの日本列島への寒波も一段落で陽だまりハイクはのんびり初級コースです。

 最後の変電所以降は下り一辺倒でしたが、阪急六甲駅までの街中車道歩きが一番疲れました・・・

10:20 六甲ケーブル下より歩きます。 10:42 鉄塔登山口
ヤマコウバシ(クスノキ科)この時期限定?の
探し易い樹木で枯葉が遅くまで残ります。
ナワシログミ(グミ科)グミは花時でなく果実
の食べられる頃の名前となります。
ムベ(アケビ科)葉は5〜7小葉で実はアケビ
と違い裂開しない
マテバシイ(ブナ科)どうやら植栽されたものの
ようです?、雌雄同種
オオバヤシャブシ(カバノキ科)花粉性の方は
春先には要注意です。
カゴノキ(クスノキ科)樹皮がはがれ落ち鹿の子
模様になり鹿子の木との名になった。
11:35~12:25 芝生地でのんびりお昼です。 12:35~40油コブシ625.5m3等三角点、展望無
12:50 ここの分岐が今日の最高地点で、
後は寒天山道へ右折し下ります。わずかに雪
13:30 鉄塔分岐付近で御影高校の耐寒登山
の生徒何百人に、鉄塔下へ待機しよう
鉄塔下で賑やかな生徒達に先に下山して
もらうためにゆっくり休憩です。
今日は関電の鉄塔下をあちこち歩きました。

 この後は青山散策路をどんどん下り、変電所付近より車道歩きが始まって結構長い距離を阪急六甲まで延々舗装路歩きで予定より若干遅れの15:20に駅前で解散となりました。

 次は5月下旬くらいに六甲ケーブル下を基点にアイスロードを登って縦走路へ上がり、六甲ゴルフ場より油コブシへ下る周回ルート歩きで、いろいろな花巡りをしてもよさそうだなとも考えています。

 ホームヘ