今冬最後のスノーシューを楽しむ

    湖北西尾根から横山岳'11.4.1 晴

菅並-西尾根-横山岳-北西尾根-菅並

 3月中旬に墓谷山から北の横山岳を眺めて、よし次はあの頂から展望をやろう!と心に決めていました。そこへ我が心を見透かしたように横山へ登らないか?との誘いで待ってましたとばかり行動に移しました。

登山口の取りつきはケヤキの大木地 林道登山口
NHKの共同アンテナ地 尾根の花はマルバマンサクだけか?

 標高700m近くでようやく雪の途切れがなくなってシューとなりました。その後はどんどん残雪が多くなってきました。

ケヤキ広場の主 軽快に進みます。Tさん提供
 
石灰岩露頭地は右にトラバース 天狗の森直下の景色、Tさん提供

 いよいよ西峰に突き上げました。お〜すごい!!、見事な白銀の光景に我を忘れて撮りまくりました。左から上谷山、左千方、三国山、三周ケ岳、黒壁です。
 この山並みは横山岳山頂までの稜線でずっと見え、また東峰への稜線でも見ることができました。

 二段目左画像で黒壁、能郷白山、蕎麦粒山などもまだまだ雪たっぷりできれいです。横山岳山頂では展望台に腰を下ろしてのんびり大展望のごちそうでお昼としました。あ〜幸せ・・・ 

 もちろん、北側ばかりでなく、南側の馴染みある山々もしっかりと見えました。

上谷山@西峰 左千方、三国山、三周ケ岳、黒壁@稜線
黒壁、能郷白山、蕎麦粒山@稜線 横山岳山頂の展望台、後ろは上谷山
南に墓谷山を見下ろす @横山岳山頂 七々頭ケ岳の奥に高島トレイルの面々@山頂

 昼食の後は東峰にもピストンしてきました。雪庇と展望でめまいしそうでした〜

東峰へ向けて雪庇に気をつけろ! 左より白倉、金糞岳、頭だけ伊吹、右は己高山
北の山並みは見飽きない 帰りに、左が横山岳山頂、猿の腰掛のような雪庇

 堪能した展望で今期の雪景色はエンドとしよう。稜線のブナ林も見事な佇まいが続いていました。下り道は北西尾根を歩きましたが、やはり標高を下げていくと次第に残雪は途切れて道は藪状態で極めて歩きにくくなり、結構時間はかかりました。

西北尾根もやっぱりこの花ばかり 堰堤下の樋田橋へ下山

 今日はマンサクしか咲いてないのだろうかと思っていましたが、最後にスハマソウ(キンポウゲ科)がいっぱい出迎えてくれたのには思わず大興奮でした。

スハマソウ(キンポウゲ科)
丸みのある葉の様子からスハマソウと同定です。ミスミソウの葉はもっと細っぽく尖りが目立ちます。

 本日は3人でしたのでゆっくりのんびり歩きでした。登りは約4時間下りは約3時間と超のんびり歩きで参考にはなりません。

 ホームヘ

虎御前山から小谷城跡

京都一周トレイル