京都一周トレイル 東山 北山 西山 京北

京都北山 京都一周トレイル'11.4.7 曇のち晴

 東山に続いて北山のトレイルも完歩してきました。もっとも予定では西山51番の苔寺から阪急上桂駅まで完全に歩きとおす予定でスタートしましたが、さすがに時間的に無理はしない方がよさそうな状態となってしまいました。
 その原因はやはり一回目の大原の戸寺までの歩きが弱気虫が出て、八瀬の登山口へ下ってしまったのが大きな原因となったようです。 

前回下山の登山口バス停よりスタート7:15 これから登る横高山が待っています。
アベマキに酷似の古木のクヌギ、葉裏はアベマキほど白くない。樹肌が縦にひび割れ易い。
マキノスミレもシハイスミレの中間型か? いよいよここ12番からがトレイル開始8:05

 この後はPC容量の関係から必要最小限の画像でご覧頂きます。横高山からトレイル中で一番標高の高い水井山(8:25)、そして迎木峠よりボーイスカウト道を下って21番の橋流出により渡渉が必要との注意書きのあった場所もなんなく通過し、戸寺へ下りて大原三山を眺めます。

水井山では3等三角点で794m 大原三山もきれい

 江文峠(9:40)から静原へは林道から車道を通過そして集落を縫いながら薬王坂を目指しました。途中では金毘羅山が東に振り返って初めてのアングルでした。
 また集落をすぎると薬王坂の南に位置する竜王山も見えました。それにしても薬王坂への取りつきである別荘地付近の急坂には泣きました。

 なんとか薬王坂へ着き、ここへは天ケ岳などへなんども来ている道ですから見慣れた箇所、ホットして一本立てます。
 その後は鞍馬寺前から二ノ瀬駅近くのトレイル北山東部最後の46番までの車道歩きもなかなか辛かったですね。この間、途中で追い越したが、のんびりの地元の方から「どこまで帰るの?」との声に「清滝か嵐山あたりまで・・」と答えると、「えー、どこ清滝だって・・??、ばけもんやなぁ〜」だってさぁ・・・笑

薬王坂10:30~35 トレイル北山東部最終地11:10

 この後は集落の間から夜泣峠へ向かいます。その時足元のアスファルトの割れ目にスミレがきれいに咲いていました。もちろんパチリです。乾いた心に喜びがこみ上げてきます。いいですね、ヒメスミレです。。。

ヒメスミレの生育地は人家周辺に限られ、日当たりのよい乾き気味のところが多い

 坂を上ると推喬親王に謂れのある夜泣峠に到着で、ここで昼食(11:35~55)でした。その後は旧コースの大岩へは向かわず新コースの向山に登り、気持ちいい尾根歩きから下れば関電の発電所横を抜けて山幸橋付近の氷室への取りつきまで行きます。 

夜泣峠は風の通り道 関電の発電所横からこの橋を渡って右折12:33

 車道を横断して少し登ると使われなくなった日当たりのよい畑地がきれいに見えます。何かな?と近づくとそのお花畑にはホトケノザが満開でピンクの絨毯のような景色が繰り広げられていました。

 そして盗人谷より氷室へ登ります。この盗人谷にも水場があり空ペットに給水し快調に歩を進めます。谷にかかる橋はしっかり整備されて助かります。水場を過ぎていよいよ登りにかかりやや歩くと右折すると十三石山の分岐が小峠です。
 そんなことよりこの一帯の若い杉林に目がいきます。この景色は北山杉があたかも化粧直しされたかのごとく見毎に手入れされ林立しています。こんなすばらし景色の中を歩かせていただけることに感謝です。

 少し西に進むと山あいに集落が広がります。しずかな空間には農業をする方がちらほら見えます。そう氷室町に久しぶりにやってきました。そして氷室神社でも手をあわせます。

誰も居ない所に咲くホトケノザ(シソ科)は見事 盗人谷一ノ橋、二、三の橋もあり12:46
小峠の北山杉13:16 氷室神社13:25

 氷室神社より20分ほど車道を歩いて下り坂を、今度は鋭角に山道へ登り始めました。この急坂がこれまた辛かったですね。でもしばらくですから大したことはなかったように思います。
 山道では斜面が白くなるほどタムシバが満開の様子でしたが、近いところにはなく写真は撮れませんでした。山道からまた車道に出て沢ノ池ですが、若い方が一人釣りを楽しんでいます。

 仏栗峠にやや上がり、その後はまた尾根歩き、でもすぐに下り傾向になり、また急な下り道でしたが高尾へ帰ってきたのだと思うと元気も出ます。
 しかし急な下りから飛び出た簡易舗装道路の福ケ谷林道では、高尾の白雲橋までの下り20分も相当足にきました。高尾に下山して楽しみであった桜もまだまだ一部咲きの様子でした。

登りに備え行動食で一本13:47 静かで神秘的な様相の沢ノ池14:39
やっと白雲橋、にわかに喧騒の世界15:23 白雲橋を反対側から暑いはず20℃

 さぁ、後は紅葉で人気スポットの錦雲渓を通って清滝まで帰ろう、この道は数え切れないほど歩いています。このあたりで足元に気がいき出しました。
 どうやら足の親指が靴擦れしてるようで、ファーストエイドで対処しながら、やっぱり苔寺から上桂までは無理しないでおこうと決めました。 

西明寺入り口の指月橋あたりの桜もまだまだ 今は静かな神護寺上り口15:38
濡れた岩場にタチネコノメソウ(ユキノシタ科) いつものところで1本だけイブキシダ

 なんとかいよいよトレイル北山の最終地点である94番の清滝金鈴橋まで帰ってきました。ほんとうは苔寺の西山ゴール地まで完歩したかったのですが、今回はこれにてエンドとしましょう。

 本日の歩きは締めて34km、9時間20分の行程でした。さぁ、残りの西山コースはすでに何度も歩いているのですが、この際ですから京都一周トレイル完歩ということでスルーしようと思います。
 でもいつのことやら・・・そうそう京北コースも残っているし・・・? 

トレイル北山94番標示16:25 金鈴橋側から登山口
 
京都一周トレイル 東山 北山 西山 京北

 ホームヘ