比良南尾根からの堂満岳’15.2.21 晴

 JR志賀-中谷出合下-水場-荒川峠下-荒川峠-南比良峠-南尾根-堂満岳-東稜道-ノタノホリ-JR比良

 日本列島への高気圧到来によって今年一番の大快晴だ。昨年に続き荒川峠より南尾根の堂満岳に登って大展望を楽しもう。本日の歩きはこれだけ山日和の好天気なのだから、時間は気にせず目いっぱいの自然を楽しむために、ゆっくりのんびりを特に意識しながらの歩きとしよう。と前夜の布団のなかで考えていたのであった。

 
堂満岳南尾根を南比良峠手前の比良縦走路稜線上より

 志賀駅(9:00)から比良の白い山並みを仰ぎつつ歩きだしたのだが、山麓の最初の方には雪は完全に消えてしまって、あれ~雪ないやないの・・?、の状態で林道歩きの段階でやや心配でもあったのだが、駅より登山口の中谷出合下まで舗装路を一時間足らずも歩けばウンザリであるが、この間だけでも雪が消えているだけでありがたい。

 その登山口(9:50)からいよいよ山道だが、大岩谷出合手前あたりまで上がってようやく雪が出てきだした。薄いトレースが降りてきていたが、分かり切ったコースなのでそんなの関係ない。そして10分で美味しい水場で最初の水補給の一本であった。
 ここでもうスノーシューの出番だった。これだけ温度上昇だからやむを得ないのだが、湿性の重い雪質や上からの植林帯の雪の爆弾も想定内の範囲であった。でも一番心配の雪崩予報は皆無であったのが何よりであった。それにしても長い杉・檜の植林帯の中の一時間近い歩きには、もう雪のシーズン中でのこのコースは今後は変えた方がいいのだろうかとの思いが出るほどでもあった。

 そんな中なんとか大木気味なヤマザクラ、イヌシデ、イタヤカエデなどが植林帯の中に立ち、植林帯が切れ青空が広くなってくれば、雑木の中にまたミズナラやブナの巨木が目を楽しませてくれる。そして覚えのある若きミズナラの9本兄弟地に着けば、雪がいよいよ深くなってくれども荒川峠下の道標で安心である。
 ここまでくれば、すぐ南に琵琶湖バレースキー場ある打見山に蓬莱山あたりからの賑やかな音楽が聞こえてくる。今日は快晴で土曜日だ。ナイター営業日で今冬一番のボーダー達で賑わっていることだろう。ところがこちらは人影は皆無である。この静寂を欲しての自然徘徊なのであった。ここで簡単な昼食タイム(11:30~45)としよう。


荒川峠下の道標

 しかし、この地の荒川峠下の道標は柱が埋まって上の横木二段だけが見えるほどで、雪が多いようだった。雪の中を走り回る犬の気持ちとなって喜び勇み、この後はトラバース気味の荒川峠へは向かわず、北への縦走路目がけての登路とし、深雪の中の小枝を縫いながらレスキューポイント縦走路14(12:05)まで進んだ。


RP14の標示

 南の左へは烏谷山への道でもあるのだが、本日は右、北東向きへの荒川峠へ進むのだ。この一帯の地形はやや広めで、下がる小さな尾根が見つけにくい。うろうろ尾根探しをしていると、そこへ若き青年が一人で上がってくるではないか。え~、こんな時間に堂満方向から来たのか、相当早朝より出発したのだろうか。ワカンで元気に歩いている。烏谷山へこれから行きます、とすぐに分かれた。

 こちらはまずは荒川峠だと適当に稜線上を進み、ようやくその峠にやってきたのだが、先の青年は峠の道標箇所よりずっと西よりを踏んでいるようだ。でも、しかし、どこを探すもその道標が見つからない。え~と、ということは道標が雪で埋まっているのだ。すごい積雪量である。気分上々で興奮気味にまた右上の稜線方向を目指すのだ。


荒川峠の道標は雪の中

 すぐにこの後は雪庇の冬の景色ならではの地帯が待ってくれていた。ドカン~と堂満岳が覆いかぶさるごとく目に飛び込んできた。これだ!、この景色が見たかったのである。快晴をバックに白銀の堂満にコヤマノ岳とシャクシコバノ頭の間に西南稜が白く、右には釈迦岳がこれぞ指呼の間とはこのことだ、と思わず興奮気味である。もちろん、反対方向に振りむけば打見に蓬莱山が白い。その手前には今シーズンも歩いた烏谷山に擂鉢山も東西に翼をひろげているかのようだ。

         
 荒川峠から進んだ稜線より振り返り    同左、堂満岳に左に武奈がわずかに白い    同左、烏谷山に擂鉢山

 このような景色を楽しみながら小ピークを進んでいると、また青年がやってきた。こちらはどうやら先ほどの人のラッセル泥棒というよりトレース頼りのようで、話す中味はやや心配のようであった。烏谷山までは無理だろう、それより荒川峠の道標は埋まっていたので峠を現認できるだろうか。峠よりのトラバース道にはトレースはないが、その方向に進めるか心配だ。我トレースは縦走路を経由してきたのだが・・・。
 そうだ、二人目の彼も、もし、志賀駅への下山ルート取りつきが分からなくても、トレースに戻って稜線を進んでうろうろしていれば、その内に先行の青年が烏谷山から帰ってきて、我が踏んだRP14の標識より荒川峠下へのトレースを追って向えば志賀駅へ下山できるだろう。
 どちらにしても、トレース頼みの雪の山は考え物だと知りたいな・・と考えながら、こちらはこの先の雪庇続く最後の白くなった夏道左巻道あたりの深雪を避けて、手前を夏道とは逆に右回りへトラバースとして南比良峠付近まで降りてきたので、この後の急登に備えて行動食で腹ごしらえ(12:25~35)としよう。

 さぁ、いよいよ南尾根の急登を半分あたりで、昨年は途中からアイゼンに付け替えたのだが、今回は最後の山頂までシューでやっつけよう。途中の急登斜面での取り替えは時間ももちろん、やや危ないためにゆっくりとジグザクでシューで登ってみることにしたい。
 もちろん、途中からの振り返りによる景色も楽しめることだろうと気合をいれて南比良峠あたりの鞍部から進軍としよう。雪庇やら琵琶湖やその奥の山並み、そして南はすぐ近い蓬莱方面の冬の景色を楽しみながらのんびりスノーシューイングなのだ。雪庇つける大岩が眼前に現れると稜線は近い。

 
南尾根急登半分あたりから振り返り蓬莱山に烏谷山

 こうして稜線へは急登を40間分も楽しんでいたことになる。稜線の小さなピークへ辿り着けばもちろん、北方面の大パノラマもきれいに広がっているのだ。山頂直下のブナも深い雪で背が低く見えた。そしてすぐに堂満岳山頂(13:20~50)だ。

 
上より上部の堂満直前の稜線より振り返り

 頂(1057m)には珍しく女性の姿なしで8人の高年グループが下山にかかるところであった。賑やかな人波がなくなると後には、口数少ない単独の男2人がしばらくで同じように東稜道へ音もなく降りて行かれてしまった。一人っきりの貸切で堂満岳での大パノラマが続いていた。行動食も最高で、寒さもなくこれだけの大雪の中の堂満岳は久しぶりの大感動となった。
 このようなドラマチックな感動物語は今後もページが綴られるのだろうか。いや、来年といわずに今年もまだ雪の降ることもあるだろうし、それには今回のような快晴の日がきてくれるのだろうかなどと秘かに考えるのだが、さてさて、どうなることやら・・・

         
山頂より北東よりの眺め、奥には金糞、伊吹、霊仙が白い    北西よりにコヤマノ岳、シャクシコバノ頭に西南稜、釣瓶    東の琵琶湖には沖ノ島、奥には鈴鹿北部の山並み

 山頂の楽しみを得て、今度はアイゼンつけて東稜の急な降り道が取りつきのコースだが、すぐになだらかになってくれる。でも、こちらのコースはこの時期少しも楽しみはないといえるルートとなっている。できれば今後は金糞峠よりイン谷口へのルート取りとしようなどと考えながら、ノタノホリから別荘地跡へと降った。
 そしてJR比良駅が見えるようになると、いつものように先ほどまでいた堂満の山頂を振り返って、あの左手の南尾根から登って、今しがたまであそこの鋭鋒にいたのかと感慨に耽るのであった。それにしてももう何度このような行為を重ねてきたのだろうか。山日和だったのだからJR比良駅(16:00~21)のプラットホームには下山者でごった返していたのは語るに及ばない。車中の窓からは堂満がまた逢おうとささやいてくれているようだった。


中央が堂満岳

その他にも次のとおり「南尾根から堂満岳」に登っています  
’14.2.23   南尾根-堂満岳-東稜道 
’18.2.19   南尾根-堂満岳-縦走路出合-金糞峠-正面谷 
’19.2.27   865尾根-荒川峠-南比良峠-南尾根-堂満岳-東稜道 

ホームヘ












植谷峠からの蛇谷ケ峰  北東尾根からの皆子山