カワヅザクラ

 この桜は伊豆半島南部の河津町で野生状態で原木が見つかったといわれる。カンヒザクラを片親とする品種で早咲きで知られる。静岡県の南部地方では2月20日すぎには概ね満開を迎え、日本全国から多くの観光客が押し寄せることで有名である。

 2016年3月6日

 ところで、このカワヅザクラはまだまだ冬の寒いころから咲き始めるとのことで全国に知られて、あちこちの町にもこの桜が植栽されているという。当地の京都長岡京でもJR駅前に植栽され、数年前からトップランナーとして、花は直径約3cmで大振りの淡紅紫色の桜の花はふちの方が色が濃いといわれ実に見事である。
 今年は2月下旬から咲きだしたようで、3月6日に撮ることができた。

 

 2020年3月2日

 今年は超地球温暖化のようで、日本の植物たちは相当早めの開花を始めているようです。ここ京都府のJR長岡京駅前広場の『カワヅザクラ』も2月末には咲き初めが始まっていました。本日は満開のようでしたから、山歩きの帰り道でパチリでした。

ホームヘ