イヌザクラ 葉の展開後に開花

犬桜        別名シロザクラ   北海道以外に生育

樹形        高さ10〜15m、直径20〜30cmになる。

冬芽        長さ2〜5mmの卵形で先はとがる。芽鱗は紅紫色で光沢あり、葉痕は半円形〜腎円形、
           維管束痕は3個

花         4〜5月、葉の展開後に咲く。長さ5〜10cmの総状花序に白色の花が多数つき斜上に
           咲く。花序の軸には短毛が密生するが下部には葉がつかない。花弁は5個で2mmの円形。
           雄しべは花弁より長い、雌しべは無毛。萼筒は1.5mmの杯状で萼片に細かい鋸歯。

葉          葉身は5〜10cm、幅2.5〜3.5cmの長楕円形。先端は尾状にとがり、基部は
           くさび形。ふちは波うち、やや浅い鋸歯がある。葉柄は1〜1.5cmで無毛。托葉は線形で

            ふちはまばらに鋸歯がある。早落性(葉が展開すると落ちる。) 

密腺        葉身基部につくがあまり目立たない。

果実        直径8mmほどの卵円形で7〜9月に黄赤から黒紫色に熟す。果肉は苦みが強い。萼片が
           花のあとも落ちずに果期にも残るのが特徴

区別点       ウワミズザクラは樹皮が紫褐色だがこちらは灰褐色で光沢がある。葉の鋸歯が細かく鋭いが
            こちらはふちは波打ちやや浅い鋸歯。
           また花序は新枝の先端につくがこちらは前年枝につく。花序の下部に葉があるがこちらはない
            点などで区別

画像        花、葉、蜜線、冬芽など逐次Upしていきます。

  (クリックで拡大画像)
京都府立植物園10.2.17    ’20,5,24 西山 

葉が展開する前に咲く他種      ミヤマザクラ  ウワミズザクラ  シウリザクラ