カスミザクラ葉の展開と同時に開花

霞桜       別名ケヤマザクラ、九州以外の北海道を含む全土の山地に分布

樹形       高さ15〜20mになり、直系30〜50cmになる。

冬芽       3〜5mmの紡錘形〜長楕円形で先は尖る。芽鱗無毛、ヤマザクラと違い先は開かない
          葉痕は三日月形〜半円形で維管束痕は3個

花         4〜5月、葉の展開と同時に咲く。同じ場所ではヤマザクラよりかなり花期が遅い。
          花は白色またはわずかに紅色を帯びる。花序柄は長さ約1cm、花柄は1.5〜2.5cm
          花序柄と花柄に毛がある。花は直径2〜3cm、花弁先は切れ込む。花糸、花柱、子房は
          無毛。片のふちは全縁、苞は緑色でふちに鋸歯がある

葉         葉身は8〜12cm、葉柄は1.5〜2cmでわずかに赤み帯び、毛がある。

密腺       葉柄上部につく。

区分点     花が白っぽい。ヤマザクラに似ているが花柄に毛があるのが違い。

名前の由来   開花時の花の様子を霞に例えたもの。毛山桜は各部が無毛のヤマザクラに対し、花柄や
          葉柄に毛があるものが多い。

画像       花、葉、蜜線、冬芽など逐次Upしていきます。

 
小塩鵜ノ子谷 '07.4.11 トロッコ列車保津峡 '13.4.13 トロッコ列車保津峡 '13.4.13  ポンポン山 '13.9.26
   
 ポンポン山 '13.9.26    

葉の展開と同時に咲く他種  ヤマザクラ  オオヤマザクラ  オオシマザクラ  タカネザクラ

 

Ads by TOK2