リンボク 常緑樹の桜

りん木         別名ヒイラギカシ・カタザクラ   本州、四国、九州、沖縄に分布

生育地       太平洋側は関東地方以西、日本海側は福井県以西に生える。

樹形        高さ5〜10m、直径30cmほどになる。

冬芽        円錐形で濃褐色。芽鱗のふちには細かい鋸歯がある。

花         9月〜10月。長さ5〜8cmの総状花序に白色の小さな花が多数つく。花序の軸には
           短毛がある。
           花序の下部には葉がつかない。花弁は5個で長さ5mmの円形。ふちには歯牙が少し
           ある。
           雄しべは花弁より長くつきでてよく目立つ。萼筒は長さ1.5mmの杯状。

葉          葉身は5〜8cm、幅2〜3cmの狭長楕円形または狭倒卵形。先端は尾状にとがり、基部は
           広いくさび形。ふちは波打つ。若い木では針状の鋭い鋸歯があるが老木では全縁、表面は
           光沢があり、裏面は無毛。葉柄は長さ8〜10mmで無毛。
 

密腺        葉柄基部につくがあまり目立たない。

果実        直径長さ1cmほどの楕卵円形で翌年の5〜6月に紫褐色から黒紫色に熟す。

区別点       花はバクチノキとよく似ているが樹皮がはがれない。また葉はバクチノキより小さく、鋸歯
           の様子や密腺の位置からも区別ができる。

用途        材は硬く、細工物、器具材などに利用される。樹皮は染料、根と葉は薬用

名前の由来   若い木の葉がヒイラギに似ていることから、ヒイラギカシの別名がある。

画像        花、葉、蜜線、冬芽など逐次Upしていきます。


京都府立植物園 10.2.17
 

清水寺裏 '13.10.4 
   
 ’20.2.27 善峯 (クリックで拡大画像)
 

常緑樹の他種の桜      バクチノキ