チョウジザクラ葉の展開前またはほぼ同時に開花

丁字桜     別名メジロザクラ

分布       岩手県から広島県の太平洋側、九州(石灰岩地)

樹形       高さ3〜6m、幹は基部から分岐して傘形の樹形となる。

冬芽       長さ3〜5mmの卵形、葉痕は三日月形。芽鱗は10〜12個で無毛

花         3〜4月、葉の展開前またはほぼ同時に開花。白色または淡紅色の花が散形状に1〜3個
          下向きにつく。直径1.5cm、花弁5個で先端は切れ込む。雌しべの花柱下半部有毛。
          萼筒は長さ7〜10mmの筒状で毛が密生し粘り、萼筒基部は少しふくらむ。
          花柄の長さは1〜2cmで毛密生。苞は緑色で鋸歯の先は腺があって粘る。

葉         葉身は長さ5〜8cm、葉柄6〜14mmで毛密生

密腺       葉身基部または葉柄上部につく

区分点      近縁種のオクチョウジザクラはチョウジザクラの花よりやや大きく花柱に毛がない。
         また葉や萼の毛が少なく、萼片には鋸歯がないのがチョウジザクラとの相違点

画像       花、葉、蜜線、冬芽など逐次Upしていきます。

葉の展開前またはほぼ同時に咲く他種   マメザクラ  キンキマメザクラ  オクチョウジザクラ