ウワミズザクラ 葉の展開後に開花

上溝桜      別名ハハカ   日本全国の山地に生育

樹形        高さ15〜20m、直径50〜60cmになる。

冬芽        3〜6mmの卵形、葉痕は三日月形〜半円形でつきでる。維管束痕は3個、円形の落枝痕
           が目立つ

花         4〜5月、葉の展開後に咲く。長さ8〜15cmの総状花序に白色の花が密集してつく
           花序の下には葉が3〜5個つく。花弁は5個で先は丸くふちに歯牙状の鋸歯がある。
           萼筒は2.5mmの鐘形で無毛。雄しべは花弁より長くつきでる。雌しべは無毛
           花柄は4〜6cmで無毛。赤みを帯びた苞は被針形でふちに腺状の鋸歯があるが開花時
           には落ちる。

葉          葉身は8〜11cmの卵形〜卵状長楕円形。先端は尾状にとがり、基部は鈍形〜円形、ふち
           には細く鋭い芒状の鋸歯がある。葉柄は7〜10mmで無毛。

密腺        葉身基部につく

果実        直径8mmの卵形で8〜9月に赤から黒色に熟す。食べら果実酒にすると香りと色がきれい

区別点       よく似た種で「エゾノウワミズザクラ」が北海道だけにある。花の大きさが本土のものより倍
           以上あり、雄シベが花序より短い。
           葉の基部が円形またはややハート形になること、密腺が葉柄上部につくなどが相違点

画像        花、葉、蜜線、冬芽など逐次Upしていきます。

ポンポン山 '04.4.16 同左 '04.4.24 大暑山 '05.4.22
     
老ノ坂峠古道'13.4.16 峠西口バス停裏'13.4.16  

葉が展開する前に咲く他種      ミヤマザクラ  シウリザクラ  イヌザクラ