スカパーの解約方法

スポンサードリンク

スカパーの解約方法を間違えないように、解約をおこなう際には事前に情報を確認したほうがよいのではないでしょうか。スカパーの解約はインターネットでも解約手続きをおこなえるようになっています。しかし、基本料金の解約-全解約-はインターネットではおこなえません。全解約をおこなう場合はカスタマーセンターに電話します。少し面倒ですが、スカパーの解約方法を確認してみましょう。
スカパーの解約をおこなう場合の手続きは、昔はスカパーの会社が上手に対応をしてくれないばかりに料金の繰越払いなどがあったようであまりうまくなかったようです。しかし、現在ではそんな心配も無くなりスムーズにスカパーの解約手続きをおこなえるようですので安心して良いと思います。
スカパーの解約方法はインターネットでは基本料金は解約手続きをおこなえないため、カスタマーセンターに電話して解約手続きをします。事前に用意するものは、お客様番号とICカード番号です。それぞれ、10桁と16桁の番号が記載されていると思います。
カスタマーセンターの音声ガイダンスにそって解約内容を確認しながら音声ガイダンスに従って番号を押します。

スカパーの解約方法手順

スポンサードリンク

スカパーの解約方法手順は、先程のカスタマーセンターの音声ガイダンスにそって解約内容を確認しながら音声ガイダンスに従って番号を押しましたが、そうするとオペレーターに電話が繋がります。先程用意しておいたおいた客様番号とICカード番号10桁と16桁の番号をオペレーターさんに伝えます。またその時に解約する旨も伝えましょう。確認の電話の為、一度電話をきっると、スカパーから確認の電話がかかって来ます。本人の確認ができたならば、その後スカパーより解約手続き用の往復ハガキが贈られてきますので内容をよく確認して再度スカパーに送り返してください。全ての作業が終了すると晴れてスカパーを解約することができす。スカパーの解約は、解約を受付けした月の末日となるため、基本料が繰り越さないよう月末に解約をおこなうようにしましょう。
スカパーの解約かや1年未満に再加入する場合は加入料の2,940円や申込み手続きが不要のようです。スカパーや地デジ対応のe2byスカパーを再加入して視聴して音楽、アニメ、プロ野球、サッカーjリーグ、韓国ドラマ等の番組などを満喫するためにも解約後の再加入は1年未満におこないましょう。

Ads by TOK2